右脳と左脳

東京 三軒茶屋で肩こり専門
改善率、ビックリNO・1

あなたの肩こり劇的改善宣言

院長の松枝に代わり、
スタッフの松本です。

すっかり秋めいて来ましたが、
たまにまだミンミンゼミが夏の名残りのごとく
鳴く声も聞こえますね。

でも茂みからは秋の虫の声が聞こえて来て、
やっぱりもう夏は終わりだなあと感じます。

この前、身支度をしながらFMを聞いていたら、
虫の音について面白い事を話していました。

日本人は虫の音で季節を感じたり情緒的に捉え、
ミンミンゼミでさえ、煩いと感じる事は少ないと思います。

ところが外国人にとっての虫の音は単なる騒音なのだそうで。

大量に鳴かれでもすれば騒音に近い感覚になるかもしれませんが、
虫の音を騒音と感じる事に驚くのが日本人では?

なぜこれほど感じ方が違うのかというと、
日本人は言語脳である左脳で受止めるのに対し、
外国人(西洋人)は、機械音や雑音と同様に、
音楽脳である右脳で受止めるから、だそうです。

日本人は、虫の音を、虫の声として聞いている、
という事になるそうです。

面白いですね、この違い。

音楽、機械音、雑音が右脳、言語音は左脳というのは、
西洋人も東洋人も一緒。

でも、母音、泣き・笑い・嘆き、虫や動物の鳴き声、
波、風、雨の音、小川のせせらぎ、邦楽器音などは、
日本人は言語と同様の左脳で聴きます。

ですから日本人でも外国語を母国語として育つと、
西洋型になるそうです。

この捉え方は、日本人の感性からくるもの、
世界に誇れる感受性といえる……、

そんな内容でしたが、
興味深くて聞き入ってしまいました。

これから虫の音が聞こえて来ると、
この話しを思い出しそうです。

+++++++++++++++++++++

あなたは肩こりでお困りではありませんか?

身体のバランスを整えて
辛い肩こりとさよならしましょう!

<ご予約・お問合せは>(AM9:00~PM19:00)
電話:03-6804-0296
メール:http://reborn-tokyo.com/toiawase

電話に出ないときは施術中ですので
折返しお電話をさせて頂きます。

+++++++++++++++++++++

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る